白揚社トップ > 書籍案内 > 物理学の探検(G・ガモフ・コレクション4)

定価 本体 4200円(税別)
A5判 上製 ・492ページ
1992年 7月 刊
ISBNコード:978-4-8269-1054-5
分類コード:C0340
BIOGRAPHY OF PHYSICS & ATOMIC ENERGY IN COSMIC AND HUMAN LIFE & MY WORLD LINE by George Gamow

物理学の探検(G・ガモフ・コレクション4) (全4巻)

ジョージ・ガモフ 著 鎮目恭夫/野上茂吉郎 訳

ニュートンやアインシュタイン,ボーアといった大物理学者のプロフィールを織り込みながら,独特な筆致で古代から現代にまでいたる物理学の流れをわかりやすくまとめた『物理の伝記』,原子核物理学の先駆的な入門書『原子力の話』。
全13巻の「ガモフ全集」を4巻に編み直した「G・ガモフ・コレクション」の第4巻。収録作品は,『物理の伝記』『原子力の話』,そしてガモフ自伝『わが世界線』の後篇。

目次

Ⅰ 物理の伝記

[第1章] 物理学のあけぼの
[第2章] 暗黒時代とルネサンス
[第3章] 「いでよ、ニュートン!」
[第4章] 熱はエネルギーである
[第5章] 電気の時代
[第6章] 相対論革命
[第7章] 量子の法則
[第8章] 原子核と素粒子

 

Ⅱ 原子力の話

[第1章] 近代的錬金術
[第2章] 星は原子エネルギーをどのようにつかっているか
[第3章] 人は原子エネルギーをどのようにつかえるか

 

Ⅲ わが世界線

[第4章] 最後の帰国
[第5章] クリミヤ作戦
[第6章] ソルベー会議
その後の歩み──アメリカ生活時代の覚え書

 

[解説] 科学の啓蒙と知の喜び……桜井邦朋

著者紹介

ジョージ・ガモフ

1904年ロシアのオデッサに生まれる。レニングラード大学を卒業後、コペンハーゲン、ケンブリッジ大学を遊歴、ボーア教授に師事して物理学、天文学上幾多の世界的な発見をする。1934年アメリカに渡り、ジョージ・ワシントン大学教授をへて、コロラド大学物理学教授。

難解な科学の問題を魅力的かつポピュラーな筆によって説明した独特な著作によって有名であり、この努力に対して、1956年ユネスコのカリンガ賞を受けた。1968年、交通事故で亡くなった。

関連書籍