白揚社トップ > 書籍案内 > 細菌が世界を支配する

定価 本体 2400円(税別)
四六判 上製 ・288ページ
2012年 9月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0166-6
分類コード:C0045
Allies and Enemies

細菌が世界を支配する バクテリアは敵か?味方か?

アン・マクズラック 著 西田美緒子 訳

40億年前から地球で暮らしている、目に見えない神秘の存在、細菌(バクテリア)。食中毒や病気をもたらす「バイ菌」と毛嫌いされ、世の中は抗菌剤であふれています。

 

けれども病原菌は細菌のうちのごく少数。残りの大多数は、地球の生態系を支え、酸素を作りだし、石油を作り、人間の体内で消化を助け……と大活躍。好きであろうとなかろうと、私たちは細菌なしでは一日たりとも生きられないのです。

 

抗生物質から逃れる驚異の生き残り戦略、バイオテクノロジーを支える細菌のクローン、環境汚染を解決するバイオパワーなど、知れば知るほど興味深い細菌の世界。バイ菌が魅力的な生きものに変貌し、バクテリアとの賢い付き合いかたを教えてくれる、コンパクトな細菌ハンドブックの登場です。

 

目次

はじめに

 

1 この世界に細菌が必要なわけ
生き残りにかける細菌の妙技/細菌群集/顕微鏡の下で/生命の大きさ/人体の細菌/細菌はどこから来るのか/惑星はひとつ

 

2 歴史のなかの細菌
大昔の人々/歴史に刻まれた細菌性病原体/ペスト/微生物学者が窮地を救う/知られざる微生物学の英雄たち/最前線で

 

3 「人間が病原菌に勝った!」(ただし長くはつづかない)
抗生物質ってどんなもの?/薬を生みだす苦難の道/突然変異戦争/DNAを共有する細菌/細菌はチャンスを見逃さない

 

4 大衆文化に見る細菌
細菌と芸術/芸能における細菌/友と敵/細菌は芸術作品を食べる?

 

5 1個の細胞から生まれた一大産業
大腸菌/クローニングの威力/連鎖反応/街角の細菌/炭疽/細菌がいつも必要な理由

 

6 目に見えない宇宙
多様性がもたらす多才な力/シアノバクテリア(藍藻)/細菌のタンパク質工場/生態系の作り方/フィードバックと生態系の維持/マクロ生物学

 

7 気候、細菌、1バレルの石油
石油の物語/細菌の力/ウシとゴキブリの共通点は?/微細な発電所/廃棄物問題/火星の細菌/この惑星を作りあげているもの

 

おわりに——細菌を育てる方法
段階希釈法/細菌の数を数える/対数/嫌気性微生物学/無菌操作

 

謝辞
著者について
訳者あとがき
参考文献
細菌をもっと知りたい人のために
索引

著者紹介

アン・マクズラック

水質調査からインフルエンザワクチン開発にまで携わってきた経験豊かな微生物学者。著書に『The Five-Second Rule and Other Myths about Germs』などがある。ラジオ番組のレギュラーゲストとして微生物に関する質問に答えたり、企業や研究所向けのコンサルティング・サービスを主宰したりして、微生物についての教育に努めている。

翻訳者紹介

西田美緒子

翻訳家。津田塾大学英文学科卒業。主な訳書に『クリックとワトソン』、『ルイ・パスツール』(以上、大月書店)、『犬はあなたをこう見ている』、『FBI 捜査官が教える「第一印象」の心理学』(以上、河出書房新社)、『人生に必要な物理50』、『ナタリー・アンジェが魅せるビューティフル・サイエンス・ワールド』(以上、近代科学社)、『音楽好きな脳』(白揚社)などがある。

書評情報

読売新聞 2012年10月22日 池谷裕二(脳研究者)

赤旗 2012年9月30日

新潟日報 2012年9月30日(ほか、共同通信配信)

日経サイエンス 2012年12月号

週刊朝日 2012年11/23号

 

関連書籍